ステイヤーの特徴を簡単に言えば・・・

天皇賞春は、3200mとG1で一番の長距離を走りますので

今回はステイヤーについてお話しします。

ステイヤーとは、長距離(2800m以上)レースを得意とする馬のことです。

馬体の特徴は、胴が長くすらりとした小型の馬がステイヤーの特徴です。

小型の馬ということは馬体重が比較的に軽い馬とです。

過去5年で2800m以上の距離のレースについて優勝した馬の馬体重を調べて見たところ

該当レースは30レースありました。

牡馬が429頭
牝馬が16頭

出走しています。

牝馬が1着になったことはありません。

牡馬の馬体重と成績を比較してみます。

馬体重
400~419kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0%
420~439kg 1- 0- 3- 4/ 8 12.5%
440~459kg 6- 4- 5- 47/ 62 9.7%
460~479kg 7- 6- 2- 87/102 6.9%
480~499kg 7- 7- 8- 91/113 6.2%
500~519kg 8- 7- 9- 73/ 97 8.2%
520~539kg 1- 1- 0- 28/ 30 3.3%

なるほど、

スティアーは、馬体重が少ない馬でも十分に活躍できるようですね。

話は戻しまして

ステイヤーの性格は、素直で大人しい気性の馬。

なぜなら長距離を走るためにはペース配分が重要になります。

そのことからシッカリと騎手の言うことを聞く馬が好走しています。

簡単に言えば

ステイヤーとは!!

細身で性格が良い馬ってことですね。

さあ、今回の天皇賞春にはこの特徴に合うステイヤーがいるのでしょうか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ