世界を目指す オルフェーヴルの環境

オルフェーヴルが凱旋門制覇に向けてフランスに無事到着しましたね。

管理している池江泰寿調教師がオルフェーヴルの環境を作っているわけです。

池江泰寿調教師は

他にも

トーセンジョーダン

トゥザグローリー

有力馬を管理している調教師です。

過去にはオルフェーヴルの全兄のドリームジャーニーも管理してました。

言うまでもなく実力のある調教師ですね。

去年2011年に中央競馬で出走した池江泰寿調教師の管理馬は

72頭で述べ301レースに出走しています。

勝率は

芝レースでは 20.9%

ダートレースでは 10.9%

っと

ダートになると勝率が芝レースの半分になっています。

また、距離で言えば

芝 ダートとも短距離戦で1勝もあげていません。

しかし、長距離のレースでは抜群の勝率です。

ここから出せる結論は、

池江泰寿調教師の管理馬は

芝の長距離馬に特化しているということですね。

そう考えると

芝の長距離馬の環境を作るのに成果を出している池江泰寿調教師と

芝の長距離戦を得意としているオルフェーヴルは

ベストな相性のようですね。

オルフェーヴル 

   = G1馬ドリームジャーニーと同じ血統(素質)  + 芝長距離に特化した池江泰寿調教師(環境)

名馬の公式にシッカリと当てはまっていますね。

凱旋門賞では、日本競馬界の怪物(名馬)は通用するでしょうか!?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ