主役登場で面白くなってくる2012年の競馬

2011年の主役オルフェーヴルが阪神大賞典(GII)で始動しますねえ!!

古馬となった今年の活躍はどうでしょうか?

今回は春の天皇賞に向けての一叩きっという感じでしょうか!?

昨日の栗東トレセンの坂路での一番時計(4F50.7秒)を出すほどに絶好調!?

阪神大賞典(GII)の距離3000についてはオルフェーヴルは菊花賞で体験済みですので、問題となるのは・・・・?

今回のメンバーで土を付けそうな馬は・・・・?

思いつきませんねえ。

まあ、オルフェーヴル様には今回もシッカリと強さを見せて勝って頂き、

天皇賞では強力な軸っとなって欲しいと思うのは私だけでしょか?

よく考えれば天皇賞でもオルフェーヴル様に土を付けそうな馬はいるのか?

有馬記念で2着のエイシンフラッシュはドバイに行くことになったいるようだし・・・。

それとも先月のフェブラリーSであれだけ鉄板と言われていたトランセンドのような番狂わせはあるのか?

そういう意味でも阪神大賞典(GII)は楽しみですねえ。

他にもG1の前哨戦が目白押しですねえ。

G1をとるには色々なレースをチェックをしておかなければなりませんねえ。

ますます週末が楽しみです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ