兄弟ダービー制覇に向けての第一歩

ダービー馬 ロジユニヴァースの全弟トーセンパワフルが

新馬戦から2戦目にして札幌2歳ステークス(GIII)っと初重賞挑戦ですね。

この馬が日本ダービーに輝けば兄弟ダービー制覇は70年以上ぶりの快挙になります。

来年のダービーのあとに皆さんにお届けするメルマガの内容を想像しながら

ダービー馬 ロジユニヴァースの全弟トーセンパワフルを応援しています。

そんな馬が初の重賞ぐらいでつまずいて欲しくないってものです。

父と母が同じなので血統は一緒ですが、兄弟では調教師(環境)が違います。

兄 ロジユニヴァース 萩原 清 調教師
弟 トーセンパワフル 角居 勝彦 調教師

2011年の調教師の成績を見てみましょう。

萩原 清 調教師
芝 7-9-6-48/70
ダート 20-11-14-91/136

角居 勝彦 調教師
芝 39-25-16-138/219
ダート 20-16-11-77/127

環境という面では弟の角居調教師の方が成績が良いようです。

人間もそうですが、優秀な兄に出来の悪い弟って場合もありますからねえ。

兄のロジユニヴァースは札幌2歳ステークス(GIII)で優勝していますので

この件に関しては、今回の札幌2歳ステークス(GIII)で見極めましょう!!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ