内と外を通った場合の距離の差を実際に計算する方法

東京競馬場ダートでラチ沿いギリギリを走る馬と

常にラチから10m離れた位置を走る馬の距離の違いをザックリ計算して比較して見ることにします。

まず、東京競馬場のダートコースですが、

JRAのHPより

一周距離;1,899.0m
直線距離;501.6m
幅員;25m

となっています。

ザックリ計算するために

一周距離を1900m
直線距離を500m

と考え

ラチ沿いギリギリを走ったら1周1900mとします。

直線コースを向正面500m、正面500m

の合計1000mとします。

カーブの部分の距離をそれ以外の900mと考えます。

そして、かなりザックリになるのですが、

1コーナー、2コーナーを半円
3コーナー、4コーナーを半円

曲線部分を全て足して円になる考えます。

そのことからカーブの部分を全部足せば円周距離900mの円ということです。

さあ、円周距離900mの半径の長さを求めてみましょう。

円周距離(L)
円の半径(r)
円周率(π)

としますと、

L=2πr

ですね。

これに当てはめます。

900 = 2×3.14×r

r=143.31m

およそ143mです。

ラチ沿いギリギリを走る馬は、3コーナーと4コーナーの半円と考えて

450mの半径143mの半円を走ることになります。

ダート1300では、

直線合計距離 850m
曲線距離 450m

ダート1400では、

直線合計距離 950m
曲線距離 450m

ダート1600では、

直線合計距離 1150m
曲線距離 450m

ダート2100では

直線合計距離 1200m
曲線距離 900m
(半円を二回通るので)

それではラチから10m離れた位置を走る馬は

Xmの半径153m(143+10)の半円を走ることになります。

そのことから

半周のコース(1300、1400、1600)では

X – 450 m が

一周のコースなら2100では

2X – 900 m が

ラチから10m離れた位置を走る馬とラチ沿いギリギリを走る馬の距離の差になります。

まあ、ザックリした計算方法ですが・・・・。


“内と外を通った場合の距離の差を実際に計算する方法” への2件のフィードバック

  1. TheFool より:

    SECRET: 0
    PASS:

    よくわかりませんが、外を通る馬と内を通る馬の差は
    2π(r+10)-2πr=20π≒60
    (全コーナーを通過した場合)
    ではないのでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >TheFoolさん
    その通りです。The Foolさんの書き方の方がよくわかりますねえ。無料レポートにする際はこちらの書き方で書かせていただきます。
    まあ、内外の違いをガッツリ計算してこれだけあることを認識して欲しかったわけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ