名馬の公式 名馬=素質 + 環境

馬を選ぶ際に、調教師をシッカリとチェックしていますか?

何回かに分けて、調教師での馬券の選び方について解説させていただきます。

名馬が誕生するためには

「素質」 + 「環境」

が必要です。

どんなに環境が良くても素質がなければ名馬として活躍することはできませんし、

素質があっても、環境が悪ければ名馬として活躍することはできません。

「素質」 + 「環境」の賜物だと思います。

どんな分野でも当てはまることではないでしょうか?

競走馬の場合、

血統を見ることにより「素質」をある程度把握することができます。

競走馬にとって「環境」とは

ズバリ!!

調教師(厩舎) にあたります。

どんな餌をどのくらいの量たべさせるのかを決めるのは調教師

どんな訓練(調教)をするのかを決めるのは調教師

どんな馬房で生活させるのかを決めるのは調教師

放牧で休んでいるとき以外は

競走馬の環境をほぼ全て揃えるのが調教師ですよねえ。

調教師によってこの環境作り方が変わってきます。

もし、あなたが馬券を買う際に調教師をチェックしていないのなら、

その馬が育った環境を考慮に入れないで、素質だけで選んでいるということになります。

これからは環境の部分もチェックしてみましょうね!!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ