外を通ってしまった時のロスは?

内側を走るのと外側を走るのでは距離のロスが出ることは理解していただけると思います。
では、実際にどれほどの違いがあるのでしょうか?
内側と外側を走るので有利不利が出ることは明白です。
しかし、
結局どれほどの内側と外側を走ることで距離としての有利不利が出ているのか?
って答えることが出来る人はいますか?
ほんのちょっとの差が出たとしても有利不利なんて言っているだけではないのか?
例えば
100000円を持ってる人と
100001円を持ってる人を比べれば
誰に聞いても100001円を持っている人の方がたくさんお金を持っていますよねえ。
しかし、10万円を持っている人の1円の差も差ですが、
差があるとしてもこれって誤差の範囲ですよねえ。
このようにどれくらいの差があるのか分からなければ、実際に有利不利なんていうことはできません。
そこで次回から
東京競馬場ダートでラチ沿いギリギリを走る馬と
常にラチから10m離れた位置を走る馬の距離の違いをザックリ計算して比較して見ることにします。
ちなみに東京競馬場のダートの幅は25mありますので、
ラチから10m離れた位置と言えば外よりを走っている馬っといった感じでしょうか。
この2頭の距離の差をザックリとでしたら、小学校の算数のレベルで出すことができます。
もちろん、正確な数値ではありませんが、
だいたいこのくらいの数値ということを理解していただきたいと思います。
これを知って過去のレース映像を見るのと知らずに見るのでは大きな違いがでると思います。
そんなわけで、次回からちょっと算数で解説します。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ