奇跡の血量って?

この奇跡の血量とは?

3代前祖先と4代前祖先とが同じ馬となる場合、3×4のインブリードと言います。

インブリードとは近親交配のことです。

この3×4の近親交配のことを奇跡の血量といいます。

もうちょっと付け加えれば、

3代前祖先の血は、100%÷2÷2÷2 = 12.5%受け継ぐわけですね。

4代前祖先の血は、100%÷2÷2÷2÷2 =6.25%受け継ぐわけですね。

合計で12.5%+6.25% =18.75%受け継いだことになります。

この配合を奇跡の血量といいます。

近親交配は、祖先の能力を引き継ぐ可能性が高くなります。

しかし、近い祖先との配合では、すぐ病気にかかったり、貧弱になります。

この調度良い比率が「奇跡の血量」と言うわけです。

まがりなりにも、分子生物学や遺伝子工学などを勉強してきた私の意見としては・・・・・。

この奇跡の血量なんて

科学的な根拠は全くありません。

これは断言できます。

あくまでも科学的に根拠がないのは

「現在の科学」では根拠がないってことです。

こういった分野は研究が遅れているので、

もしかしたら今後、科学的にも証明されるかもしれませんが・・・・。

しかし、馬主や生産者の立場になれば、そう呑気な事は言ってれれませんよ。

歴史的にこの方法で名馬が生まれているっと聞けば試してみたくなるものです。


“奇跡の血量って?” への2件のフィードバック

  1. TheFool より:

    SECRET: 0
    PASS:
    奇跡の血量ってたしか統計的な根拠もないんでしたよね・・・
    競馬界には日本だけでも膨大なデータが揃っているのだから、色々統計を出せばいいのにと思います。
    名馬産家のフェデリコ・テシオは過去の英国ダービー馬の血統を細かく調べることで、自らの馬産に役立てたそうですし。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >TheFoolさん
    確かに可能ですねえ。これだけ、データがそろっているのですから、生産者さんがこれを元にしてみるのも面白いですねえ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ