母の特徴は子供にどう影響するのか?

親の特性をどれほど子供に影響を与えるのか?

前回まで種牡馬についてご紹介させていただきました。

では、繁殖牝馬の特徴はどのように出るでしょうか?

今回は、同じ種牡馬で違う繁殖牝馬の子供の特性を見ることで母親の影響を調べてみます。

今回は種牡馬として、サンデーサイレンス

繁殖牝馬として、ビワハイジベガスカーレットブーケ

種牡馬として、サンデーサイレンスを選んだ理由は、

やっぱり種付けした数が多くいろんな繁殖牝馬との子供が優秀な成績を残しています。

繁殖牝馬として、ビワハイジ、ベガ、スカーレットブーケを選んだ理由は、

サンデーサイレンスとの種付けでできた子供が優秀な成績を残していますので。

ビワハイジ、ベガ、スカーレットブーケ自身の成績を見てみましょう。

ビワハイジ
1000m~1300m 2-0-0-0/2
1400m~1600m 2-1-0-2/5
1700m~2000m 0-0-0-1/1
それ以上 0-0-0-2/2


1000m~1300mの2戦は新馬戦と第二戦です。

関係者はその後色々な距離をビアハイジに試していますね。

阪神3歳牝馬S1600mで優勝

結果としてマイル付近を得意とした馬という感じでしょうか?

また、2歳および3歳の前半に勝率が異常に高い早熟タイプのようです。

ベガ
1000m~1300m
1400m~1600m 2-0-0-0/2
1700m~2000m 1-1-0-1/3
それ以上 1-0-1-2/4

オークス2400mで優勝、エリザベス女王杯2400mで3着ということから長距離馬と言った感じでしょうか?

また、オークス以降の勝ちはありまえん。

この馬もビワハイジと同様に早熟タイプであるようです。

スカーレットブーケ
1000m~1300m 2-0-0-0/2
1400m~1600m 2-1-0-5/8
1700m~2000m 2-3-2-2/9
それ以上 0-0-1-1/2

1000m~1300mの2戦は新馬戦と第二戦です。

関係者はその後、色々な距離を試したようです。

得意な距離はマイルよりも長いっという感じでしょうか?

また、デビューから4歳(現在の数え方)までコンスタントに勝っています。

この3頭が同じ種牡馬(サンデーサイレンス)から種付けされると、どのような特徴を持った子供が生まれたのでしょうか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ