ヴィクトリアマイルの回想

ヴィクトリアマイルはいかがでしたでしょうか?

まさかまさかのヴィルシーナの逃げ切っての優勝!!

今回の優勝に関しては、馬の実力もそうですが、

内田騎手の思い切った好判断がもたらした優勝だと思います。

人気薄の馬ならこんな思い切った騎乗してくれるのですねえ。

 

前での決着することは予想できていましたが、

東京競馬場はココまで、馬場の状態が良くてこのメンバーで逃げ切れるほどとは

正直、思ってもみませんでした。

 

これだけ馬場が良かったのでしたら、

今回のメンバーでは、ヴィルシーナを含み逃げ馬は3頭いましたが、

その中で一番実力がある馬と考えれば・・・・。

今回は馬場を読むことが予想のカギでしたね。

まあ、結果論ですが・・・・・。

G1の予想って難しいですねえ。

はい 涙 

あと、気になったのが、3冠牝馬のメイショウマンボの走りです。

着順は2着と良いのですが、

有利な内ラチの中団を常に走り、外に出す事もなく内を付いての

最短距離で走らせた武幸四郎騎手の好騎乗だったにも関わらずに

最後に差す事ができないばかりか、3着の馬に差されそうになっています。

この事を考えるとこの馬はまだ本調子ではありませんねえ。

今後はちょっと買いずらいかと思います。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ