今年のオークスは展開より馬の実力で決まったのか!

オークスはいかがでしたでしょうか?

見事なレースでミッキークイーンがオークスを制して、

3歳牝馬の女王になりましたねえ。

正直、桜花賞組以外から優勝馬がでると思っていませんでした。

それではレースを振り返って行きます。

今回は、ノットフォーマルが果敢に逃げを打ち、

1000m通過が1.01.3とややスローなペースでレースを運んで行きました。


桜花賞で逃げたレッツゴードンキは、1枠1番のインの絶好位からのスタートにも関わらず

ハナを切ることなく折り合いを欠いてしまっていました。

岩田騎手が、かなり手綱を抑えていましたねえ。

レッツゴードンキは、これで体力が無くなったのかと・・・・。

ルージュバックは、前回の桜花賞の反省点を踏まえて、

4から5番手の前でしかも馬群に揉まれない外での絶好位での競馬しています。

それで最終的にミッキークイーンに差されていることから、

桜花賞の前評判での怪物っと言うほどの実力ではなかったのかなっと思います。

クルミナルは、4コーナーの曲がるあたりから外に出して、

得意の瞬発力勝負にいったのですが、2頭をさせなかったのか・・・・・。

レース前までは、馬の実力差はなく展開で勝ち負けが決まると考えていましたが、

終わってみれば桜花賞と違い実力の差が出てのかと思います。

 

最後のクラシック秋華賞では、このメンバーが再度激突すると思いますが、

各馬がどのようにレベルアップしてくるでしょうか。

 

今週は、よいよ3歳世代の頂点を決める日本ダービーですねえ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ