先週に行われたチューリップ賞と弥生賞の回想

今回は、いまさらながら、先週に行われたチューリップ賞と弥生賞の回想です。

優勝したのは、

チューリップ賞 ハープスター 

弥生賞 トゥザワールド

どちらも川田将雅騎手の騎乗した馬でしたね。

川田将雅騎手の土日重賞制覇ですね。

 

それでは、それぞれのレースを見てみましょう。

チューリップ賞 ハープスター

)

この馬は文句ないですね。

桜花賞で万が一取りこぼしたとしても、

東京の内芝が荒れだすオークスでは、この馬の大外からの追い込みが決まるでしょう。

 

 

弥生賞 トゥザワールド

)

道中、2着のワンアンドオンリーは、トゥザワールドを見る形で

シッカリ後ろに付いています。

それで最後の直線に向いて、トゥザワールドがスパートを掛けたと同時に

ワンアンドオンリーもすぐに追撃出来れば良かったのですが・・・。

トゥザワールドとワンアンドオンリーの勝負の分かれ道は、

最終コーナーでの反応の違いだったと思います。

トゥザワールドは、すぐに反応して先行馬をねじ伏せましたが、

ワンアンドオンリーは反応が鈍くて、他馬が前に入り一旦下がった形になっています。

そのことからワンアンドオンリーは、他馬を抜くのに外を回ってからの追撃となっています。

しかし、エンジンが掛ってからは、凄い脚を使ってきましたねえ。

今回の優勝馬と2着の差が4センチ。

 

3着以下の馬とこの2頭の実力の差は明らかで、

この2頭の実力差は、今回の順位とは違ったように思えます。

クラシックの予想をするのに参考にして頂ければ幸いです。

 

無料で大川慶次郎予想情報 今すぐお試しモニター!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ