天皇賞春 今年の淀にも魔物がでましたねえ

昨日の天皇賞春は、いかがでしたでしょうか?

まだご覧になっていない方はご覧ください。

フェノーメノが左前繋靭帯炎と言う怪我を克服しての連覇でしたねえ。

好位からシッカリと伸びてきましたねえ。

いやあ、強かったです。

 

それより印象的だったのがフェノーメノに騎乗した蛯名騎手が

レース後の検量室でゲートで暴れるゴールドシップの真似までしていました。

超真面目な蛯名騎手がこんなことするんだ!!

よっぽど、うれしかったんでしょうねえ。

まあ、それは置いておいて

 

今年の淀にも魔物がいましたねえ。

単勝1番人気でオッズが1.7倍のキズナですが、

やはり届きませんでしたねえ。

この産駒にこの距離でこれだけの期待をするのは無理と踏んでいましたが、

やはり最後の伸びを欠いて届きませんでしたねえ。

 

 

血統が長距離の特性があったのは、

優勝したフェノーメノと同じ産駒のゴールドシップなのですが・・・・

 

ゴールドシップは、スタートからのまさかの出遅れ!!

陣営としては、前で競馬をしてほしいかったのでしょう。

前走では、前で競馬をする教育をして、

今回は、前で競馬をする事が得意なウィリアムズ騎手ですからねえ。

 

今回もウインバリアシオンは、銀メダルでしたねえ。

ほんとに不運としか言いようがありません。

急遽の乗り替わりでこれまでに騎乗して事がない騎手でのクビ差での2着ですから・・・・。

今回騎乗した騎手が悪いと言う事でなく、

調教からシッカリと乗った息の合った騎手でしたら

クビ差くらいならひっくり返ったと思います。

 

それに引き換え

12番人気のホッコーブレーヴの騎乗の田辺 裕信騎手のファインプレーでしたねえ。

このメンバーでこの馬を3着に持っていく騎乗は素晴らしいです。

フェブラリーステークスでの単勝16番人気のコパノリッキーでの優勝と言い、

田辺騎手は、騎手として覚醒したようですねえ。

本日も船橋のかしわ記念で優勝していますし。

 

私は平場では、田辺騎手に絶大な信頼を置いている条件もあるのですが、

今後はG1でも抑えるべき騎手になったと思います。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ