宝塚記念はまさかの展開で・・・

昨日の宝塚記念はご覧になりましたか?

もう、まさに競馬に絶対はないっと言うレースでしたねえ。

ゴールドシップ2足歩行を試みたのでしょうかねえ?

スローで逃げるレッドデイヴィスを2番手追走したラブリーデイが

最後までしのいで勝ったというかんじですかねえ。


話はゴールドシップに戻るのですが、

ゴールドシップの騎乗の横山典弘騎手は、最後はあまり追っていなくて、

批判がきているようですが、

この状態で無理に追って怪我をさせるよりは、

体力を温存させて次につなげる騎乗をしたのだと思っています。

まあ、今回の宝塚記念は

「ノリが吹いたら切れ」っと言う格言通りになったのかと・・・

何だかんだ言って、

勝とうが負けようがゴールドシップ一色の宝塚記念だったかと思います。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ