宝塚記念はゴールドシップが人馬一体での優勝

春競馬最後のG1宝塚記念はいかがでしたか?

ここまで横山典弘騎手と人馬一体で

ゴールドシップが気持ちよく走って快勝するとは・・・。

ゴールドシップはキッチリ実力を出すことができれば

ほんとに強い馬ということでしたねえ。

  宝塚記念レース映像

 

これで内田騎手から乗り変わって以来、

どの騎手がこの暴れ馬を乗りこなすのかと思っていましたが、

これからはゴールドシップは横山典弘騎手が乗ることとなるでしょうねえ。

 

馬場は、発表では良でしたが、かなり荒れていたようでしたので、

スティゴールド産駒の得意とする馬場条件と言った感じでしょうか!

それにこの馬場では、後ろで競馬したらもうアウトでしたねえ。

後ろで競馬した有力馬のウインバリアシオン(単勝2番人気)は7着、

ジェンティルドンナ(単勝3番人気)は9着

両馬とも最後の直線では全く伸びずでした・・・・。

 

結局、優勝のゴールドシップはスタートこそ最後方でしたが、

積極的に前で競馬をしていましたし、

2着、3着に入った馬は前で競馬していた馬でしたし・・・・。

 

 

このレースではゴールドシップにとっては、

宝塚記念の連覇と良きパートナーが決まったって所でしょうか。

 

これで春競馬のG1は終了しましたねえ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ