日本ダービーの回想!3歳世代の格ずけは?

先日の日本ダービーは勿論ご覧になっりましたよねえ。

前評判通りに圧倒的な力の差を見せつけてドゥラメンテが圧勝して

皐月賞、日本ダービーの2冠馬に輝きましたねえ。

日本ダービーの映像をみて振り返って行きましょう。

優勝したドゥラメンテは、道中、中団で競馬して、難なく直線を抜けての

1頭だけ別次元の脚を使っての優勝です。

 

2着の岩田騎手の1サトノラーゼンは、

内枠から出走と岩田騎手のインでの好騎乗によるものが大きいです。

おそらく、去年レベルのメンバーでしたら、

優勝もあり得るほどの騎乗でした。

ただ、今年は怪物がいましたので、残念。

 

3着のサトノクラウンは常に外を回っての最後の伸びは凄かったことから、

2着のサトノラーゼン以上の実力があったのかと分析します。

 

日本ダービーの走りを観た限り、

この世代で王者ドゥラメンに最も近いのはサトノクラウンだと分析します。

この世代の馬の格ずけは私の見た所

1位ドゥラメン、2位サトノクラウン、3位サトノクラウン、リアルスティール

です。

ただ、力関係を表せば

ドゥラメン >>> サトノクラウン >サトノラーゼン

こんな感じで、1位と2位の差がかなりあるのかと思います。

これらの馬が菊花賞と古馬との対戦が楽しみですねえ。

もしかしたら、ドゥラメンは凱旋門賞か?

もし、ドゥラメンが凱旋門賞に出走したら、

血統的に重い馬場にも合うでしょうし、3歳なら斤量の有利がありますので、

非常に夢が膨らみますねえ。

 

まあ、日本ダービーが終わったと言う事で、

競馬界は一区切りつき、新馬戦が始まりますねえ。

来年の日本ダービー馬に輝く馬がいつ登場するのでしょうか。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ