今年も、ディープ産駒が独占するのかなあ?

昨年の2歳馬の成績を見れば、
今年どの産駒が活躍するのか分かるはず!

産駒によって早熟、晩成はありますが、

まあ、その事は置いておいて、

2013年に2歳だった産駒の成績(賞金獲得順)と
2014年の全馬の産駒の成績を比較してみました。

今回はJRAのHPのデータを使っています。

2013年 2歳       2014年 全馬
1 ディープインパクト  ディープインパクト
2 キングカメハメハ   キングカメハメハ
3 ゼンノロブロイ    ハーツクライ
4 ネオユニヴァース   シンボリクリスエス
5 ヨハネスブルグ    ダイワメジャー
6 ハーツクライ     ネオユニヴァース
7 ダイワメジャー    マンハッタンカフェ
8 ステイゴールド    ステイゴールド
9 フジキセキ      フジキセキ
10 ゴールドアリュール  ゴールドアリュール

2年前(2013年)に2歳のトップ10のうち、
翌年(2014年)の全馬で獲得賞金トップ10に漏れたのは、
ゼンノロブロイ、ヨハネスブルグ産駒だけですねえ。

まあ、前年の2歳で活躍した産駒は、
大体翌年好成績を挙げていると言っても
良いのではないでしょうか?

それがわかった所で

それでは、昨年2歳で活躍した産駒は!

2014年2歳馬賞金獲得額トップ10

1 ディープインパクト
2 キングカメハメハ
3 ハーツクライ
4 ダイワメジャー
5 ハービンジャー
6 マンハッタンカフェ
7 ステイゴールド
8 クロフネ
9 ゼンノロブロイ
10 ネオユニヴァース

上位2強のディープインパクトとキングカメハメハ産駒は変わりませんねえ。

ほんとんど毎年常連のようなメンバーの中で、
昨年からの出走したハービンジャー産駒が5位に食い込んできています。

また、勝利数は
2013年 2歳馬(勝利数/出走回数)
ディープインパクト 38/184
キングカメハメハ 30/279

2014年 2歳馬
ディープインパクト 40/200
キングカメハメハ 28/206

ディープインパクト産駒の2歳馬は20%の確率で勝っています。

2位のキングカメハメハ産駒の2歳馬の勝率の大体2倍です。

他の産駒はもっと悪いです。

今回使用したJRAのHPのデータでは
全馬のデータの中に2歳のデータも含まれていますし、
出走回数の違いを補正していないですが、

どのように分析しても、
ディープインパクト産駒の強さは揺るぎません。

去年の2歳の王者・女王ともディープ産駒ですしねえ。

今年も、ディープ産駒買いで良いのかと・・・・。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ