小倉競馬場の短距離戦は超電撃戦になります。

小倉競馬場の短距離戦は超電撃戦になります。

小倉の芝1200およびダート1000は、
丘の部分からスタートして一気に駆け下りて
そのままゴールすると言う地形になっています。

どの馬も他の場所よりもスピードが出て、前へ前への競馬になります。

ヨーイドンっでスタートして、
約1分間そのままスピードが衰えることなくゴールって感じですかねえ。

まさに電撃戦です。

そうなってくると、
ほんのちょっとした事が勝敗を分けることになります。

芝コースなら芝の荒れた部分を走るはめになれば、
その時点でアウトですねえ。

ただ、芝を読むのは、その日その日違いますので
一概に言えませんので、今回はダートで分析をしていきます。

ダート戦でほんのちょっとした事と言う要因で
一番分かりやすいのが何処からスタートするのか!!
っと言う事ですねえ。

どの馬もヨーイドンから位置取りを変える暇なく
猛ダッシュと言う事ですので、枠順によって
その位置を走るのかはほぼ決まってしまいます。

それでは小倉競馬場ダート1000では、
どの枠から出走した馬の成績が良いのかと言えば・・・・・・

7枠です。

内枠の成績は外枠に比べてあまり良くありません。

おそらくスタートしたらすぐにどの馬も内側を通ろうとして
内側に殺到するのでしょうねえ。

そうなるとスタートがちょっとでも遅れた内枠スタートの馬は
たまったものではありませんからねえ。

小倉競馬のダートの超電撃戦を制するには、
7枠からのスタートが有利と言う事です。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ