【ダービー有力馬戦力分析ロゴタイプ

日曜日は3歳馬の頂点を決める競馬関係者には一番大事なレース

日本ダービーが開催されますね。

 

それではこれから有力馬を1頭づつ戦力分析をしてみましょう。

今回の戦力分析するのは、

クラシック戦の最初の一冠を獲ったロゴタイプからです。

また、2歳でも朝日杯フューチュリティステークスG1に勝利して2歳王者です。

 

血統で見ると

父ローエングリン G1実績は3歳で宝塚記念3着、4歳安田記念 3着

母ステレオタイプ 地方でダート1400で一度勝っただけ

母父サンデーサイレンス

ローエングリン産駒の初年度の仔であり、産駒時代の特性は分かりませんし、

他のステレオタイプの仔は出走していません。

こう見て頂けれお分かりの通り非常に地味で、

数がいないので血統的な知見からはよくわかりません。

 

 

それでは、近3走を見てみます。

まずは、人気薄で迎えた
朝日杯フューチュリティステークス

7枠

騎手はM.デムーロ

ロスのない位置取りで、最後の直線もすんなり行けたっと言う印象です。

このレースではどちらかと勝ったロゴタイプよりも

外を回って差せなかったコディーノの方が強い競馬をしていました。

1000mのラップは1.00.1とスローですが、

優勝タイムはレコード決着です。

 

 

スプリングステークス

3枠

騎手は今回の日本ダービーで騎乗するC.デムーロ

このレースでは他の馬のレベルが低い事もあり圧勝しています。

他の馬をねじ伏せた勝ち方だと思います。

 

皐月賞

4枠

騎手はM.デムーロ

スタートダッシュもよく内々での競馬ができています。

また、他の有力馬が外を回らせられた事による不利なども重なり優勝しています。

ここで言えばる事は、見た目以上に3着までの実力差は無いと言う事です。

 

この馬の理想的な必勝の展開としては、

レース前半は終始、3から6番手位で最内を通り、

最後の直線前で外に出して他馬を蹴散らす

っと言う感じでしょうか?

常にこのパターンで勝手います。

スタートがうまいので、毎回ベストな位置取りで競馬をできています。

 

私のロゴタイプの分析はこんな感じです。

参考にして頂ければ幸いです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ