きさらぎ賞 道悪でのレース映像からの馬の能力評価は?

今週も関東は雪ですねえ。

先週は雪の影響で東京競馬場のレースが延期になったばかりだったのに

今週も雪とは・・・・・。
関東ってこんなに雪が多かったですかねえ!?
今週もクイーンカップと共同通信杯と三歳クラシック戦のステップレースが開催されます。
クラシック戦で馬券をゲットするには、このステップレースできちんと馬の能力や特徴を見極めて行く必要があります。

しかし、道悪の場合は、逃げ馬や先行馬の前残が多発してクラシック戦線で活躍する追い込み馬の実力を見ることができないのですよ。

道悪と言う事知らずにレース映像だけでその馬を評価したら

逃げ馬と先行馬;過大評価
追い込み馬;過小評価

となります。
要するに馬場により評価がかなり変わってきますね。

下手すれば能力を見謝ってしまいます。

先週は京都では道悪の中で
クラシックのステップレースのきさらぎ賞が開催されました。
このレースでは下馬評では、

それぞれ無敗の
逃げ馬のバンドワゴンと
追い込み馬のトーセンスターダムの

2強馬の一騎打ちと言った感じでした。
それでは、きさらぎ賞のレースを道悪と言う事を加味して
それぞれの馬の能力をレース映像から評価をしてみましょう。

きさらぎ賞レース映像

この道悪の中、終始外を通って最後にはシッカリ差した
追い込み馬のトーセンスターダムが優勝しました。

トーセンスターダムは終始外を通って、
この道悪で鋭い末脚で差し切った大変強いレースをしていました。

一方、バンドワゴンはスタートが悪かったとはいえ、
この馬場でトーセンスターダムに最後で差された展開です。

着差ゼロだけど、バンドワゴンの評価はかなり落としても問題ないでしょう。

 

これまでのトーセンスターダムのレースはすべて着差ナシで勝利しています。
これは鞍上の武豊騎手の采配の上手さと言う事でしょうか。

トーセンスターダムの底力がまだ見えません。

クラシック戦では目が離せない一頭です。

あと一馬身差で届きませんでしたが、3着のエイシンエルヴィンにも今後注目ですね。

無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ