エリザベス女王杯予想 本命馬と気になる穴馬1頭

本日は雨の中でのエリザベス女王杯ですねえ。

今年のエリザベス女王杯の予想はと言いますと・・・

まず、気になるのが1番人気の18ヌーヴォレコルトの扱いです。

前走は休み明けの前走は、

いつものように内を付く競馬をして2着と休み明けとしては申し分ない結果だと思います。

ただ、今回は大外枠からの出走と馬場が未体験の重(やや重は経験済み)。

内枠なら本命でも良かったと思いますが、人気ほどは信用できません。

 

次に15ルージュバックですが、3歳馬で斤量の恩恵を受けてプラスなのですが、

やはり、休み明けでぶっつけ本番な上に、重馬場での適正はどうなのか!?

あと、秋華賞組ですが、優勝馬のミッキークイーンが出走なら面白かったのですが、

一線級の古馬と対戦してどうなのかっと言う疑問が残ります。

そこで

私が本命にするのは、

10ラキシス

です。

ディープインパクト産駒にも関わらず道悪でも強いことは

産経大阪杯の不良馬場でキズナに2馬身差で勝った事で実証済み。

前走、前々走と着差はあまり良くありませんが、

負けているのは牡馬で牝馬との対戦なら問題ない。

メンバーの中に一番怖かったヌーヴォレコルトが

大外からの出走と道悪の不利ですし、

ラキシスの騎手はライアン・ムーア騎手ですので取りこぼしはないかと。

 

あと、今回は人気薄ですが気になる1頭がいます。

凄く気になる馬は

武豊騎手が騎乗する14 ノボリディアーナです。

前走の府中牝馬Sでは、

いつもと違う脚質で道中外を回らされたにも関わらず楽に優勝していますし、

血統的にも不良馬場に強いと思えます。

 

そして武豊騎手が乗りますので

一発と言わなくても

3着以内に入ってくれる可能性は非常に高いと思います。

 

そこで馬券は

10ラキシス 単勝
14ノボリディアーナ 複勝
10-14 ワイド

で勝負します。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ