オークスから一夜明けて

昨日の牝馬の頂上決戦オークスはいかがでしたか?

武幸四郎騎乗のメイショウマンボがまさかの優勝!!

っと思った方が多いと思います。

 

桜、樫も人気薄の馬が優勝しています。

騎手で言えば
桜 C.デムーロ
樫 武幸四郎

っと弟の勝利!!!

今年は弟の年ですか?

 

兄の武豊が乗るクロフネサプライズがペースを作って

それに弟の武幸四郎が乗るメイショウマンボが

うまくそのペースに乗ったと言う感じですかねえ?

 

今のところ、この結果を知っても、

まだ、メイショウマンボが勝った理由が思い当たりません。

強いて言えば、

スズカマンボ産駒と言う事で血統的に長距離向きだったのか?

くらいですかねえ・・・・・。

しかし、

メイショウマンボの近走では1400もしくは1600と短距離での出走しかないので

血統は長距離だけど、その能力は受け継いでいないと思っていました。

まんまと裏を掛れた気分です。

 

 

今年の牝馬クラシック戦線は抜けた馬がいなくて、

最後の秋華賞にしたって、どの馬が優勝してもおかしくない状態です。

 

 

しかし、日本ダービーの牡馬は違います!!!

今の所、皐月賞馬の王者のロゴタイプを中心に

実力はあるが不発に終わっている

コディーノとエピファネイア

皐月賞と言う本路線を回避して、別路線から来た最有力馬キズナ

今年はこれだけ強い馬がそろっています。

まあ、馬券としては

この4頭のボックスでも買えば何か的中しちゃうんじゃないのって思うほど

他馬との実力の格差があり、旨みないと思いますが・・・・

レース観戦をすると考えたら、いまからかなり興奮しています。

 

ああ、そういえば今回のオークスで勝ったメイショウマンボの

父スズカマンボがダービーに出走した際に

娘を勝たせた武幸四郎を背にして走っていました。

その時は5着でしたが・・・・。

 

 

 

明日のメルマガから日本ダービーに向けて、

有力馬の一頭一頭の戦力分析を公開します。

最初の一頭目は皐月賞馬ロゴタイプに焦点を絞って公開します。

お楽しみに。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ