オークスはハープが話題の中心ですが、馬券となれば・・・。

本日は、3歳牝馬の頂上決戦 オークスですねえ。

なんといっても、注目はハープスターですよねえ。

過去のレース映像を見る限り、

非常に強いです。

つねに大外をぶん回して、最後はキッチリ差し切る強さは本物です。

 

負けるとしたら、最後の直線で外に出すのが遅れて

脚をあますくらいでしょうか?

あとは、距離特性でしょうか。

これまで1600以上の距離と東京コースでのレース経験がないことですかねえ・・・。

 

ハープスター以外の馬券を購入する際には

競馬には絶対はない!!!

この格言にすがるくらいでしょうか・・・・。

私はこの競馬の格言にすがる思いで

8サングレアル

を本命に挙げました。

8サングレアルは、ブエナビスタの半妹と言う事で超良血ですし、

前走では東京コースで最後の直線で外に出すのにかなり手間取ったにも関わらずの優勝です。

距離もコース適性もばっちりだと思います。

 

8サングレアルの前走のフローラSが桜花賞と比べてメンバー的には下なのはわかりますが、

桜花賞組に関しては、既に格ずけが決まったようですが、

桜花賞組以外から考えれば、8サングレアルが一番の実力馬であると考えます。

8サングレアルに関しては、これまでにハープスターとの対戦もありません。

 

しかし、8サングレアルに関しては気になる点も多々あります。

まず、ハープスターと同じ松田博資厩舎に所属する馬という点です。

ハープスターには、大目標の凱旋門賞を見据えた一戦ですので、

もしかしたらサングレアルはハープに遠慮する事はあるのか?

 

あと、馬体重が410キロ台と虚弱な面があります。

揉まれたらどうなるのか!?

ちなみに半姉のブエナビスタはオークスでは、446キロで出走して優勝しています。

それをふくめて、

8サングレアル の単勝・複勝馬券で勝負します。
(複勝多め)

競馬ファンとては、ハープスターにオークスで豪快な勝ち方して、

はずみをつけて日本馬初の凱旋門賞優勝をしてほしい所ですが・・・・。

 

松田厩舎の馬のワン・ツーに期待です。

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ