最後のジャパンカップダートから一夜明けて

最後のジャパンカップダートをご覧になりましたか?

最後の直線は凄かったですねえ。
終始外を走っていたベルシャザールが直線で豪快に伸びての優勝!!

直線でのワンダーアキュートとの一騎打ち

最後のジャパンカップダートにふさわしいレース内容だったのでは?

 

なんせたベルシャザールは、日本ダービーで3着になった馬ですので、ダートに転向してもその強さは一級品だったようです。

まあ、血統的にはダートの方が良いと思いますので、今後もダートで活躍すると思います。
2月の東京のフェブラリーステークスでも期待ですねえ。

よくよく考えたらこの馬はオルフェーヴルと同じ年齢なんですねえ。
あと、ラストランになったエスポワールシチーは、ハナを切って頑張っていたのですが、やはり距離の特性が合わなかったのか最後は失速してしまいましたねえ。

今後は種牡馬として活躍するそうです。
数年後には、エスポワールシチー産駒がジャパンカップダートに2頭出走して、その2頭の背には、後藤騎手と佐藤 哲三騎手でお互いハナを奪い合う!!なんて事があるのか?

今後のお楽しみですねえ。

 

あと、海外馬のパンツオンファイアは、やっぱり日本の特殊な環境(右回り、馬場)の適性が合わなかったのでしょうか?終始後ろで競馬をして最下位でしたので、日本馬のスピードに付いていくのがやっとという感じだったのですか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ