京都大章典のはなし

月曜日に開催予定だった京都大章典が
台風の影響で火曜日に開催されました。

このレースで一叩きして天皇賞秋に出走してくるメンバーもいるかと思いますので、
京都大章典のレース回想と行きます。

開幕週で台風の影響はなく芝良での開催になり、
内外芝は綺麗で何処を通っても大丈夫の状態でした。

今回注目されてたのは、

マイルから3200までこなす武豊騎手の2トーセンラー

変則牝馬三冠馬の武幸四郎騎手の9メイショウマンボ

この2頭です。

 

それを踏まえて今回の東京大章典をご覧ください。

京都大章典

レースは道中、気持ちよく前で単騎で走れた2頭が
前残りで勝っています。

期待の2トーセンラーに関しては、
上位2頭よりも斤量が2キロ重かったことと、
最後の末脚勝負の脚質のトーセンラーにとって
今回の前残り有利の展開は不利だったと思います。

しかし、3着に入って来るところは凄いです。

天皇賞秋では有力馬ですねえ。

一方

9メイショウマンボは最後全く伸びませんでしたねえ。

過去5走を見てみますと

近走  宝塚記念  11着 
近2走 ヴィクトリア 2着(牝馬限定)
近3走 産経大阪杯 7着
近4走 エリザベス杯  1着(牝馬限定)
近5走 秋華賞 G1 1着(牝馬限定)

これまでメイショウマンボは牡馬と一緒にレースをすると
毎回こんな感じでダメですねえ。

何ででしょう?

パドックを見ていないので何とも言えませんが
もしかしてフケ?

フケとはこんなもの

メイショウマンボは、
次回はエリザベス杯に出走すると思いますが、
牝馬限定戦と言う事で好走するのでしょうか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ