今年のオークスはハープ一色で良いのか?

本日、今年のオークスの枠順が決まりましたね。

 

今年は何と言ってもハープスターから目が離せません。

今年の競馬界はハープスターが桜花賞 オークス 凱旋門賞の

超変則三冠牝馬に輝くのかに注目ですよねえ。

 

二冠目のオークスは、

ライバルのレッドリヴェールがオークスを回避したということもあり、

ほんの通過点っと言った印象を受けます。

はたして、ハープスター1強と考えても良いのでしょうか?

私が気にしているのは馬場です。

オークスが開催される東京競馬場の芝コースは、

直線距離が非常に長く、ハープスターのような末脚勝負の馬に有利なのですが・・・・。

NHKマイルや翌週のヴィクトリアマイルの優勝馬は共に逃げて勝っています。

今年の東京競馬場では、雨での開催がなくて馬場がほとんど痛んでいませんし、

本日の雨で芝が伸びてさらに状態が回復している事だと思います。

もし、オークスでも内が有利の馬場なら

ハープの脚が届かないっと言う事も十分考えられます。

 

とはいえ、過去10年のオークスでは、

逃げ馬が一頭いたとは言え、先行してオークスで優勝した馬はいません。

オークスは基本的に中団及び後方でずっと脚を溜めて

最後の直線で末脚を炸裂させて優勝していますねえ。

完全にハープスターの走り方ですねえ・・・・。

 

ハープスターが当日どんな走りをしてくれるのか楽しみですねえ。

まあ、ハープの馬券は買わないけど・・・・・。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ