今年の安田記念はめっちゃメンバーが揃いましたねえ

今週は、東京競馬場5週連続G1の最終戦の安田記念ですねえ。

正直毎年、安田記念はメンバー的にいまいちで、

どちらかと言えば、前週の日本ダービーの熱が冷めてないから

競馬場に行って観戦っていうかんじですが、

今回の安田記念は、かなり豪華なメンバーが揃いましたねえ!!!

 

なってったって世界最強の馬 ジャスタウェイが出走しますねえ。

ドバイでのジャスタウェイの強すぎるレースをご覧ください。

他馬を6馬身差くらいつけての快勝です。

これが世界の走りですねえ。

日本の馬が世界をリードしていると言っても、

もう過言ではないと思います。

その世界最強馬 ジャスタウェイが安田記念に出走します。

今では、これだけ強いジャスタウェイですが、

3歳の時はっと言えば・・・・・・。

NHKマイルに出走して、

遥かかなたを逃げるカレンブラックヒルに足元にも及ばずの6着

続く3歳の頂上決戦日本ダービーでは、

15番人気でなんの見せ場もなく11着に終わると言った

クラシック戦線には出走していますが、

目だたない馬でした。

しかし、ある時(おそらく昨年の天皇賞秋)を境にして覚醒して

今では世界最強馬にまでなったわけですね。

そんな世界最強馬となって、

3歳の時にコテンパンにヤラレテいた馬との再戦がこの安田記念です。

安田記念と同じ条件のNHKマイル(東京競馬場芝1600)で全く相手にならなかった

カレンブラックヒル

同世代のクラシック戦線の主役だった

ワールドエースとグランデッツァ

同世代(5歳)との対戦です。

例えは悪いですが、

昔いじめられていたメンバーに、成長して強くなってからのリベンジって感じですかな?

さあ、ココでも世界一の走りを見せつけることができるのか?

それとも他の世代の馬か・・・・。

 

このように考えると非常に面白いですねえ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ