大荒れの展開だったマイル王決定戦

マイルチャンチャンピオンシップはいかがでしたでしょうか?

ダノンシャークが優勝しましたねえ。

大方の予想では、逃げ馬のミッキーアイルがハナを切り・・・・

っと思いきや

無理にミッキーアイルはハナを切る事なく
最内から逃げたホウライアキコを追いかける形で
かなりペースが上がりました。

そのことから有力馬が脱落する中

・この週からCコースになったのでインが有利
・ハイペースになったので後方有利

この2つの展開を見方にしたのが、

岩田騎手騎乗のダノンシャークだったわけえす。

 

道中はインの後方で上手く脚を溜めて
直線で上手く末脚を爆発させましたねえ。

最後の直線では、フィエロと火の出るような叩きあいを制しました。

ほんとに岩田騎手がダノンシャークを上手く導きましたねえ。

 

今回は、マイル王決定戦で優勝したのはダノンシャークですが、
他馬との実力差はほとんどないと思います。

真のマイル王はまだまだ決まっていませんねえ。

私が推していたクラレントですが、
ダノンシャークとは反対に前で大外をぶん回していました。

今回、クラレントが走ったコース取りは
オルフェーヴルのような他馬と比べて圧倒な力差がある場合のコース取りですよねえ。

こんな走りをして勝ったら他馬をねじ伏せたなんて言われるコース取りですねえ。

あくまでコレで勝てばの話ですが・・・・。

 

もちろん、クラレントは他馬と比べて、
それほどの力の差があるとは思えませんでしたので、

4コーナーを回るまでに、私は結果を見ずして落胆していました・・・・。

まあ、結果はその通りでしたが・・・・。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ