天皇賞秋の予想! 前は潰れると考えると・・・

本日は天皇賞秋ですねえ。

今年は圧倒的に強い1頭の不在で、混戦模様かと思います。

 

私の展開予想ですが、前が潰れる方に賭けてみようと思います。

例年通り、天皇賞秋で逃げ切りを狙うのは無理で

優勝する馬は、道中を中団の内で待機して脚をためて、

瞬発力勝負で勝敗が決すると言う事を念頭に置いて予想しました。

 

芝の状態ですが、

例年通りに今週からBコース(Aコースから3m外に内柵を設置)になっており

内の芝が復活した状態です。

このことから俄然、内を走れる内枠有利になっています。

 

ここで、内で競馬ができて、しかも瞬発力勝負となると・・・・・

2アンビシャスしかいません。

前走での毎日王冠はメンバー最速の上がりを使っての6着だが

これはスタートでの出遅れが響いた事と、

前残りに展開で展開が全く合わなかったので、

度外視して問題ありません。

 

気になるのは、

  • スタートでの出遅れ
  • 前残りでの惨敗
  • 古馬との対戦で通用するか!?

と言う事は勿論の事

 

過去のデータから言えば、

3歳馬は天皇賞秋ではあまり活躍していません。

一線級の馬の古馬の壁を破れるか!?

ただ、Mデムーロ騎手が乗りますので、

前残りにならない限りは中団内で脚をためて最後に突き抜けると言う競馬はしてくれるのかと思います。

2アンビシャスの単勝・複勝で勝負します。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ