安田記念 スプリンター王者ロードカナロアは距離適性は?血統的には・・

スプリンター王者のロードカナロアがマイルに通用するか?

安田記念になんとロードカナロアが出走してきますね。

2階級制覇っと言う事でしょうか?

問題になってくるのが距離特性です。

いくらスプリンターの中では王者ですが、

距離が延びることによってマイラーの馬と戦えるのか?

今年の安田記念を予想する上で重要なことですねえ。

 

そこで今回は、

血統の面からロードカナロアがマイルに通用するのか!!

を検証していきます。

ロードカナロアの血統は

父 キングカメハメハ
母 レディブラッサム
母父 Storm Cat

です。

兄弟馬としては、G1馬など有力馬はいませんが

その中で一番獲得賞金が高かったのは

ブライアンズタイム産駒のロードバリオス がいます。

この馬は1600のオーブン戦の勝利があります。

父 キングカメハメハ × 母父 Storm Cat の血統がの

過去5年の距離別の成績をご覧ください。

距離       着別度数
1000m~1300m   9- 3- 1-11/24
1400m~1600m   1- 4- 1-19/25
1700m~2000m   3- 0- 1-44/48
2100m~2400m   3- 0- 2- 8/13

ご覧の通り、ロードカナロアと同じ血統の馬が

短距離でももちろんの事

長距離でも出走しています。

基本的に調教師などが調教から馬の能力を判断して、

その馬に適したレース(距離)に出走させます。

そのことからこの血統で出走数が多い

1700から2000の間の距離に適していた馬が多かったと言う事でしょう。

ロードカナロアのマイルでの距離適性は

血統から見れば問題ないっと言う事です。

さあ、血統的に問題はないのですが、はたして王者の貫録を見せるのか?

馬は血で走るわけではありませんからね (笑


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ