宝塚記念の予想はこんな感じです。

本日は宝塚記念ですねえ。

2014年の春競馬最後のG1をシッカリと獲って夏競馬に取り掛かりたいところですねえ。

 

今回の宝塚記念のメンバーは12頭と少頭数ながらメンバー的には豪華なのではないでしょうか。

 

やはり、注目すべきは4頭

前大会優勝馬のゴールドシップ、

前走のG1天皇賞春では一番強い走りを見せながら銀メダルに終わったウインバリアシオン、

凱旋第一戦目のジェンティルドンナ、

この世代の牝馬No.1のメイショウマンボ

ですかねえ。

この馬を中心に予想を立ててみました。

まず、今回のメンバーには、コレと言った逃げ馬がいなくて、

ペースはスローになると考えられます。

スローだからと言って、逃げ切れるような馬もいないと思われます。

そうなってくると、一番展開がハマるのは、

逃げ馬の後ろでじっくり見ながら内で脚を溜めて、

逃げ馬が落ちてきたら、そのまま押し切ると言うパターンで走れる馬ですかねえ。

有力馬4頭の中では、

ジェンティルドンナがこの展開にハマって実力以上の走りをしてくれるのではないかと思います。

 

末脚勝負の馬は、スローペースで今回は脚を余して届かない可能性があり、

展開が不利に働くのではないかと考えています。

まあ、今回はゴールドシップに横山典弘騎手ですので、

どんな走りをするのかも興味がります。

思い切って前に出るなんて事も考えられます。

そうなると・・・・。

 

ただ、ジャンティルドンナの前走ドバイシーマCは、ムチャクチャ強かったですよ。

実際にあなたの目でご確認ください。

馬群の中で競馬して、最後の直線では外に出せずに

かなりの不利を受けてのこの着差での勝利ですよ。

私の率直な意見では、何でジェンティルドンナが1番人気になってないの?

って感じです。

 

私の宝塚記念の買い目は

6ジェンティルドンナ

の単勝・複勝で勝負です。

ここでシッカリ当てて夏競馬に弾みをつけたいです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ