日本ダービーの予想この穴予想になるのかなあ?

本日は、日本ダービーですねえ。

心配していた天候もいまのところ晴れています。

馬場がどうなるのか心配で予想ができない方も多かったと思います。

 

 

私の日本ダービーの予想ですが・・・・

 

半数の馬が前走で皐月賞に出走していますので、

一番、分析をしなければならないのは、皐月賞組だと思います。

まず、皐月賞1着ドゥラメンテと2着リアルスティールについて分析しました。

優勝したドゥラメンテですが、皐月賞の前の共同通信杯では、

リアルスティールに半馬身差で負けています。

ただ、この共同通信杯ではドゥラメンテがかかってしまい、

道中前に行ったり後ろに下がったりしていた中、

リアルスティールは1枠1番から出走してのキッチリ内で経済コースを通っての

半馬身差でのドゥラメンテの敗戦です。

皐月賞では、ドゥラメンテの騎手がMデムーロに代わりキッチリ折り合って、

果敢に先行して勝ちに行く競馬をしたリアルスティールに圧勝しています。

今回の日本ダービーではドゥラメンテとリアルスティールは共に外枠ですので、

リアルスティールは善戦できたとしてもドゥラメンテに勝つ事は難しいのでは。

 

皐月賞3着キタサンブラックですが、

この馬の脚質には不利の外枠からの出走ですねえ。

また、横にも逃げ馬がいますので、競り合うような事もあるかもしれません。

この状態ですは、ドゥラメンテに勝つのは難しいのでは。

あと、皐月賞で不利を受けたサトノクラウンなんかもいますが、

レースを見る限りでは仮に不利を受けていなかったとしても、3着って所だと思います。

そういうわけで、

別路線で日本ダービーに出走した内枠メンバーに注目しました。


京都新聞杯組、青葉賞組、NHKマイル組と若葉組です。

優勝馬が出走してこないNHKマイル組と若葉組は、ちょっと力の差があるかな・・・。

京都新聞杯組と青葉賞組の評価については非常に難しいものがありました。

ここで、枠順との兼ね合いで注目したのが、

京都新聞杯優勝馬の 1サトノラーゼン

スタートも良くて、先行して競馬が出来る馬がサトノラーゼン1枠1番からの出走

さらに騎手はインを付くのがうまい岩田騎手への乗り替わり。

他馬が周りの展開に左右される中、

サトノラーゼンはマイペースでラチ沿いギリギリの経済コースを常に通り、

最終は、外に出す事もなくそのままインで突き抜けてくれるのでは!?

しかも、今週からCコースに変わっていますので、内芝は走りやすくなっています。

 

サトノラーゼンの脚質ならどんな展開になっても対応できると思います。

 

今年の日本ダービーの馬券は

1サトノラーゼン

の単勝・複勝で勝負します。

オッズがかなり高くて穴予想をしたとみられがちですが、

そんな事はありません。

 

とにかく、日本ダービーは当てたいですねえ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ