日本ダービーを見据えて今回の皐月賞はどう見る

皐月賞は、いかがだったでしょうか?

まだ、ご覧になっていない方は、ご覧ください。

優勝したイスラボニータは、
強かったと言うか良い位置で競馬をしたなあっと言った印象です。

有力馬が前に行く展開で、その馬を常に見る形で脚を貯めながら競馬して、
最後の直線ではすんなりと外に出しての快勝です。

蛯名騎手の好騎乗っと言う感じの皐月賞でした。

 

対象的にげせなかったのが
私が本命に挙げていたワンアンドオンリーの横山典弘騎手の後方一気の騎乗です。

 

 

今回のメンバーと馬場状態から前残りになるのは、
中山競馬場を知り尽くした横山典弘騎手なら分かるはずです。

さらに最内枠からの出走なのに、大きく後方で競馬して、
メチャクチャ大回りした上に最後は届かないと言う・・・・・

もう、馬券を買っていた私としては、ほんとにオイオイって感じでしたよ。

日本ダービーの調整に末脚を試したのか!!っとしか思えませんでした。

G1でこんな感じで馬券を外したので、数日間皐月賞の映像を見るのも嫌になっていました。

 

まあ、それは良いとして、

 

これで牡馬牝馬のクラシック第一戦覇者は決まりましたねえ。

牡馬がイスラボニータ、牝馬がハープスター

今年の牝馬女王ハープスターは、牡馬の王者イスラボニータに快勝した実績がありますので、
ウオッカ以来の牝馬の日本ダービー馬が誕生するのか!!っと言う気持ちにはなりますが、

肝心のノーザンファーム代表・吉田勝己氏も「ダービーはないです。オークスに行きます」と、
春は牝馬クラシック路線を歩むことを明言しています。

今年の日本ダービーの有力馬は、皐月賞組のようですねえ。

そうなると今回の皐月賞の結果をどのように見るのかが日本ダービーの予想には重要になってきますねえ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ