明日の阪神ジュベナイルフィリーズの展開は?

明日は、2歳牝馬のG1の阪神JFですねえ。
現在の所、

10ハープスターと18ホウライアキコ

この2頭に人気を分ける形で抜けており、3番人気から単勝オッズが2ケタになるほどです。
この2頭の一騎打ちって言う感もあります。

それでは、この2頭を比較してみましょう。
この2頭の大きな違いは、脚質ですねえ。

 

10ハープスターの武器は末脚です。

18ホウライアキコの武器はスタートからのスピードです。

 

10ハープスターは、終始後ろで脚を貯めて、最後の直線に爆発させる勝つ。
それに対して、

18ホウライアキコはスタートしてからゴールまでスピードが落ちずに押し切って勝つ。

 

ほんとに対照的な脚質です。
もちろん、どちらの脚質が良いとか悪いと言う事はありませんが

レースによって毎年同じような脚質の馬が優勝していると言うレースもあります。

 

それでは、阪神JFではどのような脚質を使った馬が好成績をあげてるのか見てください。
脚質上り  着別度数
逃げ   0- 0- 0- 5/ 5
先行   0- 2- 2-16/20
差し   4- 3- 1-29/37
追込   1- 0- 2-25/28

 
過去5年では、前で競馬をして優勝した馬はいませんねえ。

最速の上がり出した馬の成績を見てみると

3- 0- 0- 2/ 5
なるほど、なるほど、

終始後ろで競馬をして、最速の上がりで他馬をごぼう抜きして勝つ

毎年、このようなレースをした馬が優勝しているようです。
確かに私の記憶でも過去に優勝した

ジョワドヴィーヴル、レーヴディソール、ブエナビスタ

は、阪神JFで最後の直線で鬼脚を披露して、後ろから他馬をごぼう抜きするメチャクチャ強い競馬をして優勝していますからねえ。
明日のレースでは

10ハープスターが例年通りの展開で勝つのか?

それとも18ホウライアキコが前で競馬をして、そのままゴールまで押し切るのか?

それとも2頭以外の馬が・・・・・。
さあ、今年の阪神JFどうなるでしょうか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ