明日は2歳のG1朝日杯フューチュリティステークス

明日は、2歳の牡馬がメインのG1朝日杯FSですねえ。

先週の阪神JFで牝馬の2歳女王にはレッドリヴェールが輝きましたが、2歳王者には、どの馬になるでしょうか?

 

今年の朝日杯FSのメンバーを見てみますと、

 

あれ?

これまでに重賞で勝った事がある馬は、牝馬のベルカントだけ!!

新馬戦の1レースしか経験していない1勝馬もいます。

それに地方馬でも有力馬が出走していますねえ。

先週の牝馬の2歳G1に比べれば、見劣りするメンバーだと思うのは私だけでしょうか?

 
過去、牝馬の方が、2歳女王に輝いた馬は、かなりの確率で牝馬頂点のオークス馬に輝いていますが、
しかし、牡馬の方は2歳王者に輝いたとしても、その年の頂点の日本ダービー馬になる事はほぼありません。
牡馬に関しては、これからってことでしょうか?
今の日本競馬の一流どころのオルフェーヴル、ゴールドシップ、キズナなんかは、2歳のG1に出走していませんしねえ。

 
現在の所、

一番人気の馬は川田騎手騎乗のアトム

先日の阪神JFの一番人気の川田騎手騎乗のハープスター

 

川田騎手に良い馬が集まっていますねえ。

川田騎手に付いているエージェントが頑張って良い馬を回しているのか!?
来年のクラシック戦線では、川田騎手に期待ですかねえ・・・。

 

 

 

そうはいってもレースには期待しています。
先日お話しした武豊騎手と角田調教師の関係!!

武豊騎手はG1では、唯一勝っていないのがこの朝日杯です。
その原因を作ったのが、その当時騎手だった角田調教師!!

朝日杯で武豊騎手の馬をクビ差で交わして角田騎手が優勝しています。

そして、角田騎手は調教師になり、今度は武豊騎手に管理する馬の騎乗依頼をしています。

牝馬ですが馬に恵まれたわけですね。
もう一つ恵まれた物があります。

それは、枠順です。

 

この馬の逃げの脚質にとって最良の最内枠からスタートです。
中山の外コースで特に1600は、

内枠がメチャクチャ有利なのです。

向正面の直線は、事実上なくてずっとカーブしたコースを走るのが

この中山競馬場芝1600です。
そうなると内枠からの逃げ馬がメチャクチャ有利なのです。
是非、覚えておいてください。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ