有馬記念では、どんな血統が強いのか!!

今回の有馬記念の血統を観てみると・・・・

今年はサンデーサイレンスのお孫さん同士の戦いですねえ。

サンデーサイレンスの後継種牡馬(父父)の産駒が14頭、
母父サンデーサイレンスが1頭、

1番サンデーサイレンスの血が薄いエピファネイアでも母父父がサンデーサイレンスです。

いやあ、サンデーサイレンスの血が飽和しておりますねえ。

 

2017年からは、サンデーサイレンス系種牡馬オルフェーヴル産駒がデビューします。

正直、オルフェーヴルの種牡馬としての素質は未知数です。

しかし、非サンデーサイレンス系の優秀な牝馬が集まってきているのは事実です。

 

今後は、サンデー系の種牡馬は
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、オルフェーヴルが
まず非サンデー系の牝馬が集まり、
残りが他のサンデーサイレンス系の種牡馬に割り当てられることから、

逆に盛り返してくるのが、これまで日の目を浴びなかった非サンデー系の種牡馬

優秀な母父サンデー系の優秀な牝馬が沢山いますので、
非サンデーサイレンス系の種牡馬はサンデー系の血でドンドン強くなるでしょうねえ。

まあ、血統についての今後の見解につきましては、
日を改めて書かせて頂くとしまして・・・・。

 

それでは、有馬記念の中山競馬場の芝に強い種牡馬を調べてみますと・・・

過去5年の中山競馬場芝2000以上で一番成績が良かったのはステイゴールド産駒です。

中山芝の長距離では断トツの強さを示しています。

今回の有馬でも3頭出走しますねえ。

 

やっぱり、

父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの血統が中山競馬場では強いですねえ・・・。

ドリームジャーニー、オルフェーヴル、ゴールドシップがいますからねえ。。。

 

今年は、ハーツクライ産駒がオークス、日本ダービーに
優勝のハーツクライ産駒の当たり年でしたが、

最後の有馬記念ではどの血統が優勝するのでしょうか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ