有馬記念は有終の美を飾るドラマのような

昨日の有馬記念はいかがでしたでしょうか?

ジェンティルドンナの引退レースでの有終の美を飾ると言う
なんともドラマチックな結果でしたねえ。

有馬記念のレース映像

ほんとに戸崎騎手の素晴らしい騎乗およびそれに答えるジェンティルの良い走りでした。

 

私の評価では、ジェンティルドンナはこれまで未経験の中山競馬場

血統的には中山の芝を得意としないディープインパクト産駒

なぜ、得意の東京競馬場のジャパンカップで引退しなかったのか!!

有馬記念では、怪我なく無事に走りきって欲しいくらいに考えていました。

ブエナビスタと被る感じに考えていました。

完全に予想を裏切られました。

 

私が本命にしていたエピファネイアは、
スローで前で完全に折り合っていましたので、

1000mの通過タイムと4コーナーを過ぎたあたりから優勝を確信していましたが、

まさかの失速・・・・

ここで他馬をぶっちぎって来年からの日本競馬ナンバーワンの馬として、
飛躍を信じていただけにガッカリでした。

 

まあ、私の予想なんてそんなもんですよ。

競馬ってドラマですねえ。

そんな事を感じた今年最後のGI有馬記念でした。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ