本命不在の菊花賞はこの馬で勝負!

本日は菊花賞ですねえ。

今年のメンバーを見ますと

世代ナンバー1のドゥラメンテが不在で

あとは、それほどの実力差がないので、

展開によって優勝馬が変わってくると思います。

 

それでは菊花賞の私の展開予想から

勝負馬券を公開します。

今回は、前に行く馬が多くて展開は読みやすいかと思います。

 

宣言通りにスピリッツミノルがハナに立ち

それに
キタサンブラック
ミュゼエイリアン
リアファル

が続き

あと数頭を交えて先行集団を作り

追い込み勢がもう一つの集団を作る

こんな感じでかなりの縦長の展開になると考えれます。

 

これだけ前に行く馬が多いですし、

今年の京都競馬場の芝を考えれば

ペースは速くなると考えられます。

前をとらえるために早めの仕掛けが必要となってくるかと思いますので、

一瞬の切れる脚よりも、長く脚を使える馬に勝機があるかと・・・・。

スローで瞬発力勝負と言う事は考えずらいです。

 

ポジションとしては、

追い込み勢の集団の内の先頭で距離のロスなく

しかも、

自分のペースで楽に走れる馬が有利に働くかと思います。

この展開にハマるのは

2サトノラーゼン

だと思います。

前走のセントライト記念では、

7着と惨敗しましたが、

菊花賞を見据えての騎乗で、ドスローで前で決着する競馬でしたので、

今回は違うと思います。

逆に前走の惨敗で人気がなかったのでオッズの旨みが出てきました。

 

ドゥラメンテ不在の菊花賞

岩田騎手の好騎手でサトノラーゼンに最後の一冠を獲らせて頂ければと・・・・。

そんな思いを込めて

馬券は

2サトノラーゼンの単勝複勝です。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ