桜花賞から一夜明けて ハープの強さに驚愕

昨日の桜花賞はご覧になりましたか。

このレースの回想でもっと思ったのですが、

そんなのありません。

ハープスターが強すぎるとしか言いようがないレースでした。

あんなに外を回ってから4コーナーまで最後方から仕掛けて勝つのだから

一頭だけ規格外の強さとしか言いようがないです。

上がり3F 32.9ですって、

2番目に上がりが速かったレッドリヴェールよりも

0.5速いと言う一頭だけ別次元の脚を使っています。 

 

今回の桜花賞は最後の直線だけ本気で走ってくれたのではないでしょうか?

 

これだけ強い3歳牝馬ですと凱旋門賞は期待ですねえ。

3歳で牝馬となりますと、斤量の恩恵がかなりありますし。

凱旋門賞でのキズナとの戦いなんかも楽しみですね。

まあ、これに関しては気が早いですか・・・・。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ