毎日王冠から天皇賞秋へ

今日の限りなくGIに近いGIIの毎日王冠はいかがでしたか?

それに優勝したのは、
武豊騎手の2エアソミュールが優勝しましたね。

毎日王冠の優勝馬には、
天皇賞秋の優先出走権がありますので、
エアソミュールはもちろんのこと

毎日王冠に出走したメンバーが多数
天皇賞秋に出走しますね。

それでは、今回は、天皇賞秋の参考に
毎日王冠の回想をさせて頂きます。

レース画像

結果
1着 2エアソミュール
2着 6サンレイレーザー
3着 8スピルバーグ

そもそもこの東京競馬場芝1800は、
2コーナーの引き込み口付近の
ちょっとカーブした部分からのスターと言う事で、
メチャクチャ枠順による有利不利が出るコースなんですよ。

さらに開幕週の綺麗な芝となりますと、
最短距離の内ギリギリの芝を通って
逃げることができれば、
逃げ切っちゃえる事ができるのですね。

前残り天国なんて言われます。

そういう競馬して成功したのが、
11番人気で2着田辺騎手の6サンレイレーザーです。

逃げ馬不在の中まんまと逃げ切ったと言った所です。

田辺騎手のファインプレーです。

ただ、天皇賞秋でこの競馬は難しいと思います。

 

優勝馬の武豊騎手の2エアソミュールに関しては、
中団の最内で脚をシッカリ貯めて
最後の直線で前の馬を上手く交わして
馬群の真ん中から突き抜けていました。

これは、流石!!
武豊騎手っといった騎乗でした。

3着の北村騎手の8スピルバーグですが、
この馬は強かったですねえ。

開幕週での1着2着の馬が内芝ギリギリで
競馬していた中で、後方の中間の芝を通って
最後に良い脚を使っての3着に入る込んでいます。

天皇賞秋の時期の少し芝が荒れた状態だったら
差し切れた思います。

馬の強さだけだったら、
8スピルバーグだなって感じました。

今回は有力馬は惨敗でしたねえ。

ただ、今回惨敗した有力馬が
天皇賞秋で巻き返してくるっとなると
天皇賞秋の予想が難しくなりますねえ・・・。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ