牝馬クラシックが終わって

今年の牝馬のクラシックが終了しましたねえ。

最後の一冠秋華賞は浜中騎手のショウナンパンドラが獲りましたねえ。

秋華賞の映像

ずっと内で潜って最後の直線で前が空いて
そのまま突き抜けての優勝。

馬が強いと言うよりも、騎手のコース取りがばっちりでした。

浜中騎手ナイス騎乗でした。

 

一番人気のヌーヴォレコルトは、
スタートで出遅れていたようで

いつもよりも下げ目の中団でレースをして
最後の直線で外に出すのにもたついて

最後まで良く伸びましたが優勝馬とはクビ差の2着でしたねえ。

2着と負けはしたけど、ひいき目なしに
強い走りをしたのはヌーヴォレコルトのほうだったかな!?

これで牝馬のクラシック戦がおわりましたねえ。

桜花賞;ハープスター

オークス;ヌーヴォレコルト

秋華賞;ショウナンパンドラ

っとすべて違う馬が獲りましたねえ。

この3頭で言えばどの馬が世代ナンバーワン牝馬でしょうかねえ?

やっぱり、ハープスターなんですかねえ。

なんせ、オークスでヌーヴォレコルトに負けはしましたが、
その時は落鉄の大きな不利を受けてあの走でしたしねえ。

この3頭が今後対戦するのはいつになるのでしょうか?

 

 

それにしても今回は秋華賞の私の予想は、
単勝オッズ1.5倍のヌーヴォレコルトで単勝1点勝負して惨敗。

こんな馬券を購入してハズすと、
悔しいよりも先に恥ずかしいと思うのは私だけだろうか(涙

まあ、一番強い走をしていたので、
私の見立てには問題なかったようですが・・・・。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ