皐月賞の前走での走り

本日は皐月賞ですねえ。

桜花賞では有力馬がまさかの惨敗でしたが、
皐月賞はどうでしょうか?

予想の前に、皐月賞を予想する上での重要なレースである
弥生賞、共同通信杯、スプリングステークスを評価しています。

基本的に前走にこれらのレースに出走した馬が
皐月賞で優勝していますので参考になるかと思います。

 

弥生賞

サトノクラウンの圧勝したレースだと思います。

道中先行集団の後方の馬群の中で脚を溜めて、
直線前で抜け出しての勝利。

一方、2着のブライトエンブレムに関しては、
後方で脚を溜めて大外からの追い込み。
展開がハマれば逆転の可能性を秘めています。

3着のタガノエスプレッソは、常に先行集団を見る形で
終始、経済コースの内を回っての3着は、

先着した馬に比べて楽なレースでの3着ですので、
上位2頭に比べればあまり良くはないです。

弥生賞でのレース内容評価

サトノクラウン>ブライトエンブレム>>タガノエスプレッソ

 

共同通信杯

優勝したリアルスティールは道中常に経済コースを通る楽なレース展開。

一方、2着のドゥラメンテは、最初の方は折り合っていなかったようで、
騎手がむりやり抑えたてのレース。

中団で馬群で競馬して最後に上がりメンバー最速の脚で半馬身届かないと言う惜しい競馬内容から、
シッカリと折合いが付いていたらと言う印象。

共同通信杯でのレース内容評価

ドゥラメンテ>リアルスティール

 

スプリングステークス

優勝したキタサンブラックは、スローで逃げる逃げ馬の後ろで

スローでの前残りの展開で楽なレース展開での優勝。

一方、2着のリアルスティールは、スローで前有利な展開で
中団から追い込み1着とクビ差まで追い込んでいるので、
着差以上の強さがありました。

3着のダノンプラチナは、道中先行集団の後ろで脚を溜める形で
レースして早め目に仕掛けて最後は差し切ってもおかしくない展開でしたが
いまいち最後の伸びに欠いた部分がありました。

まあ、それでも0.1ですので休み明けと考えれば悪くはないです。

スプリングステークスでのレース内容評価

リアルスティール> ダノンプラチナ >>キタサンブラック

 

皐月賞の予想の参考にして頂ければ幸いです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ