皐月賞は本命不在の大混戦?

明日は、牡馬のクラシック第一線の皐月賞ですねえ。

今年の皐月賞は、どの馬を軸にして良いのか分からないほど

決め手がないと言うのが本音ではないでしょうか?

なんと6頭が単勝オッズが一桁台と言う大混戦状態です。

何か軸馬を決める決め手はないでしょうか?

 

 

そこで過去10年の皐月賞のデータを見てみました。

前走で1着の馬の皐月賞の成績は抜群です。

        8- 3- 4- 47/ 62

次に前走で使われたレース名と皐月賞での成績をご覧ください

スプリンG2   5- 2- 1-47/55
弥生賞G2    3- 4- 5-32/44
若葉S     1- 4- 1-18/24
共同通信G3   1- 0- 2- 6/ 9
京成杯G3    0- 0- 1- 3/ 4

 

それでは、前走それぞれのレースで1着になった馬の皐月賞での成績は

スプリンG2   4- 0- 0- 6/10
弥生賞G2    2- 2- 1- 5/10
若葉S     1- 1- 1- 6/ 9
共同通信G3   1- 0- 1- 3/ 5
京成杯G3    0- 0- 1- 2/ 3

っと非常に好走しています。

あと、枠順で言えば、

外枠の馬が好走しています。

7枠  4- 1- 1-24/30
8枠  2- 2- 1-25/30

今回の皐月賞の予想のヒントになりましたか?

私はこれより各馬の近走のレース映像を分析して予想していきます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ