阪神JFは、和田騎手とホウライアキコのコンビで和田アキ子馬券か!?

次週は2歳の牝馬のG1阪神ジュベナイルフィリーズですねえ。

この2歳の牝馬のG1に勝った馬は、かなりの確率でオークスに優勝しています。
アパパネ、ブエナビスタ、トールポピーなどなど。

来年からの牝馬のクラシック戦線を占うレースとなります。
そんな中、注目の「和田アキ子」馬券ってご存知ですか?

和田騎手騎乗のホウライアキコで「和田アキ子」の馬券です。

和田騎手とホウライアキコのコンビでの3戦していますが、勝率はなんんと10割の負けなしです。
和田アキ子馬券は、非常に堅いってことです。

他にも阪神ジュベナイルフィリーズに出走予定の馬で3勝をあげている馬は和田騎手とホウライアキコのコンビ以外はいません。

今回は、そのホウライアキコに付いて検証してみました。
血統で言えば、父ヨハネスブルグ ×母父サンデーサイレンス
父ヨハネスブルグはStorm Cat系で、クロスがMr. Prospector S4×M4です。
私が5代血統表を見た印象は、この馬は短距離のダート馬?

道悪になれば強いのでは!!
って感じです。
ちなみに父ヨハネスブルグは、芝5~6F(1000~1200m)で活躍した馬です。

これまでの3戦は、

新馬戦:芝1200、

次走小倉2歳ステークス;芝1200、

近走デイリー杯;芝1600

ですので、陣営も最初は短距離戦で勝負しようとしたけど、あまりにも強かったので、G1に出すためにデイリー杯で1600を試してみたって感じでしょうか?

まあ、芝レースを選択したのは、日本では芝レースの方が賞金が高いからだと思います。
これまでの3レースの映像をご覧ください。

新馬 5ホウライアキコ

小倉2歳ステークス(GIII)3ホウライアキコ

デイリー杯2歳ステークス(GII)6ホウライアキコ

どのレースでも展開はほとんど同じです。

逃げるか先行してそのままと言う、切れる脚ではなくて、先行して長い脚での勝負となっています。

私の血統からイメージする走り通りです。
距離はココが限界かなあ?って感じです。

 

阪神ジュベナイルフィリーズの後の3歳のクラシック戦線のローテーションは

桜花賞 → NHKマイル って感じでしょうか?
4歳からは、カレンチャンのようにスプリンターになってほしい馬です。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ