高松宮記念どの馬がハナを切る?

明日は、今年初の芝のGI高松宮記念ですねえ。

電撃の6Fなんて言われるほど、短距離のスピードレースです。

以前なら絶対的な世界のスプリンター王のロードカナロアがいましたが、

ロードカナロア引退後は、
日本のスプリント界には不動の王がいない状態が続いています。

今回の高松宮記念で強い勝ち方して
絶対的なスプリンター王に名乗りを上げる馬が出てくるのでしょうか?

そんな高松宮記念ですが・・・・。

私が不気味に感じているのは、

香港からの参戦のエアロヴェロシティの存在です。

香港スプリント 2014

9エアロヴェロシティ(ピンクのメンコ)

このレースでは見事に逃げ切って、ストレイトガールを破っています。

脚質は逃げです。

優勝タイムは1:08.57で見事に逃げ切っています。

この競馬場でこの時計が遅いのか早いのかは分かりませんが

参考までに香港スプリントを連覇したロードカナロアのタイムは、
2012年 1:08.50
2013年 1:08.25

この大会で一番早かった時計は
2006年 1:07.8

一番遅かった時計は
2009年 1:09.16

を見れば、

エアロヴェロシティは平均ペースで逃げ切れる
実力の持ち主っと考えても問題ないのでは?

今回の高松宮記念では、

おそらくミッキーアイルは後ろに付くと思いますが、

エアロヴェロシティ

アンバルブライベン

ハクサンムーン

の3頭がのどの馬がハナを切るでしょうか?

ハナの奪い合いになると勿論ハイペースになりますねえ。

そうなった場合は、どの馬が展開の利を得るのか?

はたまた、1頭を完全に行かせて前を見る形で有利に進めていくのか?

どんなレースになるのか楽しみです。

今年初の芝GI高松宮記念は、是が非でも獲りたいです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ