2014年天皇賞秋の私の予想

今日は天皇賞秋ですねえ。みなさんの予想はどうですか?

今回のメンバーは古馬の有力メンバーが揃ったけれど、どの馬も休み明けのレースで決め手に欠けるなあっと言うのが、今回の天皇賞秋の印象です。

枠順決定前は、2~4枠にイスラボニータが入れば、迷わずにイスラボニータの単勝勝負するように考えていたが外枠からの出走。

このコースは極端に外枠が不利外枠からの出走で外からで勝てるほどの実力があるのかは未知数ですので、イスラボニータは様子見。

そこで他の有力馬の近走を見てみますとジェンティルドンナの近2走(ドバイをのぞく)では、京都記念では、スローの前残りの展開で前に行って失速し惨敗。

さらに前走の宝塚記念でも最後に失速している。あいだのドバイで勝ったとは言え、日本の競馬では評価低めで考えるべき

デニムアンドルビーは常に内を走る経済コースで脚を溜める事ができて、5着は着差より評価低めで考えるべき

スピルバーグは、前走は最後の直線で驚異の伸びを見せたが今回のメンバーではどうなのか?

エピファネイアは菊花賞では強かったが、4歳になっての産経大阪杯ではキズナに大敗していることから他の有力馬と比べて若干落ちると考えられる。

そこで浮上したのがフェノーメノ
2年前の3歳の時に2着と好走しており、このコース特性は問題ないでしょう。
枠に関してもギリギリ問題ないと思える。さらに前走の天皇賞春で復活を遂げているので休み明けとはいえ、この馬で馬券圏内は堅いと考えました。

そこで、勝負馬券は

9フェノーメノ の単勝・複勝で勝負します。

まあ、天皇賞秋を大いに楽しみたい所です。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ