特に夏競馬で狙える小回りが得意な騎手とは?

函館競馬場ダート1700と言う条件はどのような条件かご存知ですか?

平坦で非常に小さく直線距離が短い

楕円と言った感じのコースです。

ダートは芝コースの内側にあることから、

さらに小さくて直線距離が短いのは言うまでもありません。


騎手の力量が試される一つとしてコーナーワークがあります。

下手な騎手だとコーナーを回るたびに外に膨らみコースロスがあるばかりか、

馬群の中でコーナーを回る事は他の馬の邪魔になるので

スピードを落としたりします。

一方、上手い騎手になるとコーナーの最内のラチ沿いギリギリのロスなく走ることができます。

そんなコーナーをダート1700となると小回りのコーナーを4回も回らなければなりません。

そうなるとコーナーを回るのが上手い騎手の成績が良くなります。

「函館競馬場ダート1700での成績が良い騎手」=「小回りのコーナー回るのが上手い騎手」

っと言っても過言ではないのではないでしょうか?

そこで過去5年の函館競馬場ダート1700の勝率が最も良かった騎手は

秋山真一郎騎手です。

函館競馬場ダート1700で秋山真一郎騎手は16%も勝っています。

秋山騎手は他にも改装前の札幌競馬場ダート1700でもかなり成績が良いです。

小回りのコースでは秋山騎手は狙い目と言う事です。

 

他にも秋山騎手ほどでは、ありませんが

函館競馬場ダート1700で成績が良かったのは

・岩田康誠騎手
・藤田伸二騎手
・横山典弘騎手
・四位洋文騎手

です。

小回りのコースでは狙い目の騎手です。

是非、チェックして下さい。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ